読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

みんなでフルスタック開発!?就活生が訊いたエンジニアを目指す3つの理由

インタビュー 開発

 

こんにちは。インターン生の杉山です。

今年も残りわずかとなりました。皆さんにとって、今年はどのような一年でしたか。

最近、僕は就活について考えるようになりました。大学では、電気・情報を専攻しているということもあって、

エンジニア職って実際どうなの?

そんな疑問から今回は弊社の2人のエンジニアにインタビュー(質問&相談)してきました!!

 

f:id:gxs:20161212175109j:plain

(左 佐野さん 右 谷口さん)

自己紹介

杉山 

「まず最初に簡単に自己紹介お願いします。」

谷口

「フロントエンドエンジニアの谷口です。金融系SEやゲーム業界、フィーチャーフォン系の開発など経験してきました。」

佐野 

「ディレクター兼インフラエンジニアの佐野です。30歳までプログラマーとして活動し、その後、インフラ・DBエンジニア・マネージャーなど幅広く活動してきました。」

杉山

「やっぱりエンジニア職だけに理系なんですか?」

谷口

「いいえ、文系でした。」

佐野

「実は私も。」

杉山

 「文系ですか、意外ですね~。」

 

ジェネックスソリューションズを選んだ理由

杉山 

「いきなりですが、ジェネックスソリューションズを選んだ理由を教えて下さい!!」

谷口 

「わたしはサービスへの共感値が高かったからですかね。」

「以前から『インターネットを通じて世界をよりよく』していきたいと思っていまし た。飲食業界はまだITの活用が少ない箇所もあり、その普及を担えればと感じました。」

佐野

「わたしもサービスへの共感値が高かったからです。動画などを使って効率化や教育していくサービスが次世代的だと感じました。また、新しいことをやりたかったからです。」

杉山

開発部でどんな仕事をされているんでしょうか?また、やりがいを教えて下さい!!

谷口

「わたしはReact.jsというJavasScriptフレームワークでフロントエンドを開発しています。以前からインターフェース(目に見える)の開発がやりたかったので、自分で作ったものを人に見せやすいことや、つくっていて出来ていく感じがとても楽しいです。

佐野

「わたしはディレクター兼インフラを担当しています。ベンチャーならではの自ら進んで業務を進めていくことが醍醐味ですね。

杉山 

これからチャレンジしたいことはありますか?

佐野

「AWSが好きで、特にLambdaはすごい注目しています。なのでサーバーレス化とか、Lambdaをハブに色々な機能を連携して実務で役立つ仕組みを作っていきたいと思っています。」

谷口

「サーバーレスいいですね!新しいフロントエンドはサーバー間通信が全部API経由になっているので、ブラウザがアセットを取得すればほぼローカルで動きますし。」

「わたしはReact/Reduxを更に深めて、ネイティブアプリケーションにもチャレンジしてみたいと思っています。ReactNativeというiOS/Android用のフレームワークもあり、プライベートで勉強してはいます。」

 

学生がいろいろ訊いてみた

f:id:gxs:20161212184249j:plain

杉山

学生時代どんなことをしてましたか?」

谷口

「パソコンをパーツから組み立て売ってました。また、ベンチャーのバイトでhtmlを使ってHPを作成し、稼いでました。」

「絵を描くことが好きだったので、photoshopを愛用してました。」

杉山

「なんかすごいですね~。本当に文系なんですか?」

谷口

「わたしたちの学生時代にインターネットが普及してきたので、とにかく新しいことに触れている感じが楽しかったです。」

「プログラミング言語というくらいなんで、言語学と思えば文系のほうが有利かもしれないですね(笑)」

佐野

 「わたしは高校のときはゴルフ部に所属してました。大学では軽音サークルに所属し、ギターやってました。演奏するのも好きでしたが、ピックアップ交換したりとか工作にも熱中していました。」

杉山

「ゴルフ部ですか~。渋いですね~。」

「佐野さんにお聞きしたいのですが、これまでのキャリアでの苦労話などありますか?」

佐野

壊れちゃった系ですかね~。」

「DBが壊れてしまった際は、知識と経験から何とか知恵を絞り出して、復旧させたり結構辛かったです。」

「でもエンジニアをやってて、みんなでゴールに達したときの達成感や感動は最高ですね~。それが楽しいから今でも続けているんだと思います。

杉山

「いいですね~。」

「谷口さんは以前、ゲーム業界にも関わったことがあると聞きましたが、当時の苦労話や印象に残っていることありますか?」

谷口

「そうですね~。エンジニアらしいエピソードとしては3年連続で元旦に出社しましたね。」

杉山

「大変なんですね。」

谷口

「年末年始はクリスマスやお年玉なんかもあって、一番稼ぎ時ではありました。」

杉山

「なるほど~(笑)」

谷口

「休日出勤と言ってしまうと悲しいですが、上司がピザを差し入れしてくれたり、出社しているメンバーだけで新年を祝ったりと、ちょっとしたお祭りでした。」

「あと真面目な話をすると、1000万件を超える大きなデータを扱うことに対しては常に不安と恐怖はありました。」

杉山

「エンジニアを目指す場合、学生の間にやっておくべきことなどありますか?」

谷口

造りたいものをカタチにしていくことですね。それと人にみてもらうことだと思います。」

佐野

「そうですね~。カタチにすることが大事ですね。」

プログラムは会社入ってからでも全然問題ないですよね。

谷口

「そうですね。私も成り行きでエンジニアになりましたから(笑)」

佐野

「開発はチームで動いているので、学生であるうちは交友関係を築いて、チームとしての価値を高めるような行動をするほうが今後役に立ちますね。」

杉山

「参考になりました。」

 

f:id:gxs:20161212175841j:plain

こんな人と働きたい!

杉山

「最後の質問です。エンジニア絶賛募集中ということで、これからどんな人と働きたいですか?

谷口

「やっぱり開発が好きな人ですかね~。ゲーム開発など趣味でやっている人とかいいかも!」

佐野

「ClipLineを大きくしていくために、チームで楽しくやっていきたい人は誰でもWelcomeです!!」

 

いかがでしたでしょうか。

弊社のエンジニアはスキルベース以上にやりたいことを軸に開発しています。

そんなジェネックスソリューションズでは、全職種積極採用中です。是非こちらもご覧下さい!

www.wantedly.com

www.wantedly.com

www.wantedly.com

www.wantedly.com

www.wantedly.com